F03A-8・F03P-8用エ型スリットバスレフ

春休みの工作のネタにしてください。

SPK-AUDIOの8cm(3inch)フルレンジユニット用のBOKU式エ型スリットバスレフの設計図です。F03A-8にて設計していますが、振動板面積が近いものであれば使える可能性はあります。コイズミ無線で売っているFR03C・FR03Eなどもしかしたら。使うユニットに合わせてバッフル開口径は調整してください。

◆ F03A-8未使用品をヤフオクに出しています

板厚は12mmMDF等を想定しています。ちょうどいいのが無い場合、板に応じてmmを足すなどして調整してください。実用上12mm以上の板を推奨します。背面は1.5~2倍の板厚が必要です。ここでは12mmをはり合わせて24mmとしています。設計図は1台分です。ステレオ再生には2台必要ですので、切り出す板の大きさに合わせて板取り図を変更してください。

boku i-rail-like bass reflex box plan for Spk-audio F03A,F03P

吸音材は背面内側にかなり薄いフェルト、エ型部分の各々の部屋のバッフル側板にポリエステル系合成繊維(ダクロン)やサーモウール、スポンジフィルター、モルトフィルターやグラスウール等を貼り付けます。インピーダンス測定しながら調整してみてください。

50Hzに一つ目の山、100Hzと200Hzの間に二つ目の山が来る形が理想形です。

作ってみた感想などありましたら教えて下さい。うれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。