Alpair10v2MAOP情報+迷惑にならない音量を考える

Alpair10v2MAOP の情報が出ております。
14cmのユニットで5月中以後入荷、48ペア限定、
市価59000円となっております。

公式HPによりますと、Alpair10自体の価格も安く据え置き、
色々記述があります。100dB~110dBでの低音歪の話が出ております。
(->この記述には訳がありました!つい最近初めて知った事なので、
お恥ずかしい限りですが、MarkAudioのユニットは低域の歪が少ない
が故に、中高音が綺麗という査証という趣旨のようです。
低域が一番難しいし、音程感がごちゃっとして
伝わらないスピーカーが多い中、MarkAudioは違うという主張)

———————–

ご存知なように、僕の環境では100db超の音は出せませんので、
ユニット的に10cmが丁度良い感じです。(日本の大都会の事情により)

法的にも一定の基準がありますので、十分ご留意下さい
(http://www.env.go.jp/kijun/oto1-1.html)
<環境庁の告示第64号(平成24年3月改正告示54号>

民事でも騒音トラブルはかなり多いようです。
泣き寝入りをしている方も多いようですが、自分で気づかないのに、
実は隣近所に迷惑をかけていたということもあります。
積もり積もっていつか吹き出す前に、何らかの対策をしてください。

(東京都)
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/air/attachement/seikatsu_souon.PDF
「コンクリート住宅は意外と音に敏感なものです。集合住宅の場合、室内の物音は壁を通して左右の住宅へ、天井と床を通して上下の住宅へ、

さらに窓を通して前後の住棟へ聞こえます」(上記PDFから引用)

いつもの測定で音量的にぎりぎりだな~と思って
dBをみると85db~90dbぐらいです。
ですので、それ以上は出さないようにしておりますし、
その範囲で気持ちよく聴ける小型スピーカー作りが専門です。
(稀に頼まれてそれ以上を作ることもありますが、、、)

ONKYO CR-N765 我が家の現代高効率ユニットでの基準で、
曲にもよりますが、JAZZなどウッドベースが入ったもので
Volume 22位 が80~88dbぐらいになります。
23だと90dbを超えます。(AudioTools自室での測定)
24がMAXぐらいでしょう。<<一番気持ちよく聴けますが(6畳間で)

アンプ的にはまだ十分余力があるぐらいのボリューム位置だと思います。)

100dbを超えるとかなり危険と思って下さい

2人位リスニングルームにいて
すぐ隣の人と音楽再生中に会話がしずらい
音量はかなり大きな音です。

(デシベルから倍率計算機 )
http://keisan.casio.jp/exec/system/1184132937

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。