ダイソーUSBミニスピーカーをツイーター(Tweeter)化して遊ぶ

みなさん、こんばんは!
暑いです。。。苦手です;
さて、今宵は300円で買える脅威の?遊び物ダイソーUSBスピーカー
をパッシブ化して、さらになんちゃってツイーター化する遊びです。
用意するもの
・DAISO USBミニスピーカー
・BI-POLAR型コンデンサ  2個
(両極性電解コンデンサあるいは無極性のもの)もしくはフィルムコンデンサ
スピーカーターミナル かそれに代わるもの 2個
・配線(何でも可。細めでないと箱に入らない)適当量。
なければもともとの線を活用。
・はんだ&はんだごて&穴あけるキリみたいなもの(ネジ穴用)
完成図:
イメージ 1
イメージ 2
こんな感じ。アンプ基板や配線をすべて外します。
背面にターミナルをネジ止め。
今回なるべく手軽に遊べるように 6db ButterworthCrossover で
ハイパスフィルタを組みます。
ツイーターにはハイパス(高音だけを通す)フィルタ回路が必須で、
コンデンサ1個で作れる6dbクロスオーバーは緩やかに低音とつなぎます。
コスト的にも(場合によっては音的にも)いいです。
もっと特定高音以外スパッと切りたい場合、12dbクロスオーバー以上の
ものを作成しますが、その場合コイルや抵抗も必要です。
コンデンサには周波数が高い交流ほど通しやすいという
特性があり、それを利用します。
※使うコンデンサは両(無)極性でないといけません。
 普通のコンデンサではないので注意してください。
(見かけは一緒に見えるけど)
もしくはフィルムコンデンサを使ってください


耐圧Vですが、25V位で一般的な想像する使われ方では大丈夫です。
心配なら50V品にしてください。

スピーカーユニットの+(赤)配線側にコンデンサを入れます。
組み合わせるウーファーあるいはフルレンジによって
コンデンサの容量を決めます。
僕の場合、3.3 uFあたりという感じでした。

と容量を決める前にこのユニットのインピーダンスが必要です。
結論から言うと、4Ω(3.5)のユニットです。
自前で測定した結果
イメージ 3

周波数目安は以下のページ(4 Ohms)を参照ください。


(僕のパターンは12k付近で緩やかにって感じ)

ちなみに↑のMichael LaLenaさんのHPは英語ですが便利。
海外のフォーラムやHPは簡潔で論理なものが多く、間違いも
あるようですが、日本の謎or読むのが大変な迷宮HPと
異なっているように感じます。


スピーカーのつなぎかたは、正相、逆相いずれか組み合わせで。
赤と黒を逆転してつないだり、元に戻したりしてご自身の耳で。
左右両方に同じことをする必要があります。

どちらかが特に気持ち悪く感じると思います。

以上です!

では楽しんでください。


音?  うーーーん….
高級さは無いですね.



アナログソースからの録音(LINE REC)

こんばんは。子供寝かし後に夜業します。
2016年にこんな記事を書いたまま放置していることに気が付きました。
Adobe Audition CC」というPC用ソフトをレコードからの録音後の
ノイズ処理(プチプチとかハム音除去)に掛けて楽しんでいる旨でしたね?
(※ちなみに過去記事は右側のブログ内記事検索で「内容」検索する)
このソフト2018年版になってやっとそれなりに(でも落ちるけど;)
日本語化もしてフレンドリーになった気がします
おさらいですがAdobe社のソフトで月々or年契約で使う権利を得る
プロ仕様のもの。
元々は「Cool Edit Pro」という名前だったのを買収&拡張&改良。
※この名前↑で検索して出てくるソフトはウィルスだったりしますので注意!
さて、今回はカセットテープをPCに取り込み(デジタル化)しますが、
録音からノイズ取り、FLAC書き出しまで、このソフト内でできます
しかもフリーのツールにはおおよそついていない機能が使えます。
機能が膨大なため、全部書けません。マニュアルを読んでください。
概要を動画にしたものがあり、こちらの方がとっつきやすいです。
スペクトル表示を消しゴムでゴシゴシ消す=特定音を消す機能は
恐らくフリーなソフトには無いのでは???
最近のバージョンでインプットメーター&エフェクトラック
が付き、CPUパワーによってはリアルタイム処理できます。
イメージ 1
ON、OFFできるのがいいですね。(今は当たり前だけど、、、)
Materingエフェクトの謎なプリセットで、
イメージ 2
2Kをちょっと持ち上げてあったり(逆はボーカルのためのスペース)、
面白く、やりすぎは危険な感じです。
書き出しは「マルチトラックミックスダウン」。FLACも選べます。
でも WAV の方が後々取り回しがよいので、おすすめ。
このソフトで遊ぶだけでも、相当時間が必要なので趣味時間が足りません。