インピーダンス測定(ヘッドフォン)

前回の続きです。
スピーカーを作るときにインピーダンス測定値も参考にしています。
この場合のインピーダンスは低周波20~20KHz周波数に対する抵抗値。
(スピーカーは音響インピーダンスも関係したりするので真面目に考えると超難しい!)

僕はメンドクサイの苦手な人なので、専用装置をつかっていますが、
こんな感じの考え方でされている方もおられます。
あるのですが、実際計測してみると面白い結果になることも。
一例で、お遊びヘッドフォン達の何個かに
被験者になってもらい測定してみます。
スピーカーと同じようなものですし、みなさんに身近かと思い。
どれもモニター的なのはご愛敬で.
イメージ 1
ずいぶん長い年月使い込んでいるものが一番フラット特性(赤)。
僕のCD-900stは100hz前後に少山あり(青)。
赤も青もスタジオ用のため、80Ω付近なのが分ります。
(名前そのものにΩが入っているDT770PRO/80 とか;)
基準点(1kHz)のところの値は各々ほぼ公称値通り。
900STはどこでも基準ヘッドフォンなので結果はちょっと驚き。
個々をこんな風に測ることはないので、
製品名で使っていると思います。左右バランスはいいのでその辺はさすが。
長時間聴く必要アリの用途にはMDR-7506 とか諸々。
と こんな感じで測ります。スピーカーも同様に。
イメージ 2
日頃聴いているものを測ってみると、面白い事実(自分の好みとか)が
分るので興味深く。
感覚的なフラット特性と実際がずれていることがあるので
(そういうものです)、レビューでの

「フラット特性云々」はさほどあてにはなりません
インピーダンスと実際の音周波数特性も一致しないので、
結局レビューワーの感覚(好み)(&大人の事情)に依存しています。
僕はヘッドフォン系は長年つかってきた(赤)のもので
視聴していますが、自分の耳が計測器ではないので、
日記等のレビューはあくまで好みが加わった評価ということになります。
(ヘッドフォンはフラット特性だとしても;)

自作スピーカーの作成&調整

こんばんは。
最近家庭事情でお休み中な「自作スピーカー研究」なのですが、
スピーカーを作るときの調整って難しいよね!
というお話が多々あり、改めてスピーカーの作り方から
僕なりの手法をさらっと。(※答えではありません)
真面目に数えていませんが、かれこれ70台??は作っている私ですが、、、、
毎回調整が楽しみで、それだけのために作っているといっても過言ではありません。
1】設計前提
まず地球上の物理法則に反することはない(でなければノーベル賞もの!)
計算メンドクサイ!という方に…
「自作スピーカー設計プログラム」(Bachagi.h様)
計算はあくまで理想値なので、実際はかなり泥臭い試行錯誤が必要。
最初はこのプログラムのお世話になりましたが、最近あまり使っていません.

2Wayなどのクロスオーバーはインピーダンス実測定結果によりますが、
なるべく低めhzでつながりそうなところを探すと吉。
極端にバサっと鋭く切ると今一つな事が多々なので、緩めにかぶせる感じで。


あたらしい設計方法を考えるときも基本はバスレフ型や密閉型がベース。
そこからポートやネットワークが増えるという加算型で考える。
バックロード方式はmasamasaさんの簡単バックロードホーン計算式
元に色々アレンジ(ダブルバスレフ足してみたりとか)。
ダンプダクト・バックロードホーンは複数作ってみて実感できたのでお勧め。
我が家のリビングのものはそれです。
2】板取り
頑張ってください!ここが一番難しく面白いところ。
板から失敗なく(無駄なく)とれるか、計算機と図面とにらめっこ。
鋸の歯の厚みは大体3mm前後のため考慮が必須(厚みに足して考える)。
3】組み立て
焦らずにコツコツと木工用ボンドなどで。
ボンドで止める前に「仮組み」を必ず行うこと!
仮組状態で音の調整をする。
4】調整
計測マイク+測定ソフトを使った手法と
インピーダンス測定がロジカルなもの。
でも、経験上測定結果がすべてではない
重要なのは実際にいろんな音楽をかけて追い込むこと。

ピーク、ディップや暴れがあっても味がある音がでるし、

フラットにしすぎてつまらない音になることもある。
八方美人はつまらないので、何を目指すかを明確にする。
(低音、中音、高音=楽器、ボーカル…)
測定ソフト:
僕はマイク測定+専用装置でのインピーダンス測定の組み合わせ。
測定グラフは暴れて凹むこともあるが、
実際の音はひどくないのであくまで参考用。
どの音域が出やすいのかという一定目安にはなるので、
作成目的と一致していれば良しとしている。

以上です。とりあえずのまとめで。