DCノイズフィルタ&Stereo誌USBノイズフィルタ

みなさん、こんにちは。
昨日からの続きです。DCノイズフィルタですが、
今回の NFJ TDA7498E 基板 160W には何も影響しなかったです
「スー」「サー」という無音時のノイズ(ヒスノイズ)は消えませんでした。
基板そのものを改良(僕の知識ではできませんが)するか、
まあ一般的レベルなので、これはこれで良しとしましょう。
音楽を再生すれば全然気になりませんし。

ついでに、NFJさんから買った昇圧DCDCですが、これまた
出力アンペアが足りていない(はずは無いと思うがNG)為、
NFJ TDA7498E 基板 160W を動かすことが出来ませんでした。
電圧は測定しても33V出ますが,
数ボルト昇圧(24V>33V)でそんなに食われるのか?
謎で、他に原因があるのかもしれませんが動かない。

どうも NFJ TDA7498E 基板 160W はAをかなり必要とする?

確かにAmazonで売られている同ICのアンプは36V 5.7A(11Aってのもあったらしい;)
とか恐ろしい仕様のACアダプタがついてくるという書き込みを見ました。
DCジャックを予め本体に挿しておいてからACに挿さないと火花でるとか;


ヒスノイズ についても上記機種でも書かれていますね。
まあ、価格なりって感じでしょうか。

それにしても皆さん、20年前の高級単体アンプと比較されて
驚愕コメントされておりますが、僕の感覚だと
「当たり前かな~;」なんて思います。
(技術進歩のスピードを考慮されていません)

で、日本メーカーの最近のがダメかというとそんな訳ないです。
最近の機種はそれこそ20万の高級アンプが50万の高級アンプ位に
なったぐらいの音が出てるのもあると思いますよ。3万~6万ぐらいのでも。
(※人それぞれ感覚が違いますのであくまで私感ということで御願いしますm)

なので、1万数千円を出して中国アンプを単体アンプとして買うのが
安いのか(コスパ)、前から書いているようにトータルで
考えていただければと思います。(楽しみでやる分には大いに結構です)

とりあえず、無音時のヒスノイズはあきらめて24V2.7AのACアダプタで
駆動する現状で運用します。でも、もう音に飽きてきたのは内緒です;)
やっぱり3倍の値段の日本メーカー品(マレーシア製)と比べちゃだめですかね;

マランツは機種(高級グレード)によっては、
日本製をアピールしております。
CR-N765 と似たコンセプトで競合するのは M-CR611ですね。
こちらはD級フルバランスです。5万円ぐらいです。
WiFi系のスペックはCR-N765 3万円中位より充実しています。
レビューを見ると微妙な気がしますが、、使い方次第でしょうか??
DSDが2.8までなのが少々残念?ですかね。
あとはONKYOはディスクリートアンプという違いですね。
音の好みは是非、良い環境で視聴して下さい。
(Onkyoの方は Directmode ONを忘れずに;)
間違っても視聴せずに買わないようにお願いします。
好みに合わないと損します。


BM-800についてきたDACですが、ヒスノイズはあるので
(※あくまでこのDACはオマケクオリティです)
「Stereo誌付属:USBノイズフィルタ」を
ここぞ!とばかりにスマホ>DAC間に入れてみました。
こういう貧弱そうな環境に役に立ちそうだなと思いまして、、、

イメージ 1

結論: ぜんぜん良く変わらない。外部電源モードも試しましたが
5V1AのACアダプタ使用でも むしろ、明らかに音痩せします;)
ノイズをとる?ついでに音もとるみたいな;

イヤフォンは Philips 9720 を使ってみました。
(スマホだと絡んで断線、落として壊すなど通勤時のリスクがありますので、
お高いイヤフォン(BAも売っちゃいましたが;)は避けていて、
いつも2000~5000円以内のです。その価格帯から、実際に
家電量販店で再生機器を持ち込み差し替えながら
(ビッグカメラとかはそうことができる展示になっています)、
視聴して決めています。断線など緊急時はコンビニ入手になっちゃいますが;

ダイナミックとBAは短い時間聴くならBA、長時間聴くならダイナミック
というのが僕の基準です。
BAはあの音の分離の良さとシャキシャキ感が
一瞬で人を虜にするのですが、長時間聴くと耳疲れします。
ダイナミックはある意味聴きなれた音で流し聴きにちょうどいいですし、
モニターヘッドフォンライクな音のものがあるので好みです。
(スピーカーに例えるとBA>3WAY,2WAY ,ダイナミック>フルレンジ)

付録usbノイズ基板、PCで使っているUSBオーディオインターフェ-ス、
2種でも試してみていたのですが、そもそもUSB電源ラインのことを考えて
作ってあるのか(一応音楽製作用ですから)、良い効果を感じれなかったので
死蔵しておりました。雑誌オマケだとしても高すぎです。

むしろこのアクセサリーで音がよくなった方は相当酷い設計のDACかPCを
使われているのではないかと、余計なことを考えてしまいました;)
USBバスパワー電力やPCからのノイズのことを考えていないDACは
音設計ではありえないと思います(中国製、おまけ除く)。

余計なお世話ですが、、、いますぐそのDACを換えましょう!

DCノイズフィルタ試作&BM-800付属USBDAC

みなさん、こんばんは。
GWに突入した方も多いのではないでしょうか?
僕は自粛するとかえって復興の妨げになるという立場ですので、
是非10?連休をお楽しみ下さい。九州という見られ方をすると
福岡、大分、長崎、佐賀、宮崎、鹿児島と観光で成り立っている所が
窮地になりますので、その辺はご自身の判断で経済観光活動、
特産物を買うなりしていただけるとむしろありがたいと思っております。
周りの県の経済活動で熊本、大分を支えられます。

さて、僕は明日も仕事ですが;; 今日も一日1時間趣味の時間を取れました。

まず、この間作った NFJ TDA7498E 基板 160W でスピーカーから
ごく少量の「スー」「サー」という少量のホワイトノイズが
聞こえるのが、神経質な僕は結構気になっていました。
大出力のアナログアンプやパワードアンプでは当たり前
ごく普通な位の音量)なので、
まったく気にならない方も多いと思いますが、
昨今のアナログハイブリッド(N765)を聞いた耳だと、
そのノイズがほぼ無いので、どうしても比較してしまいます。

設計上とコストの限界があるのかもしれませんが、
もしかしたらACアダプタからノイズを拾っているのかも??と思い、
急遽明日から休日出勤となるのを理由に1H早上がりして、
ぎりぎり千石電商さんで買い物ができました。
今回はちゃんとBM-800用抵抗の値も見ましたよ!::>5.6k

で作成したのが⇒を参考にした、DC電源ラインノイズフィルタ です。
コイルを買ってきて、線を解いて巻きなおしました。電解は上記と
同じ容量のルビコンを使ってみました。

電解からのGND アースをどうしようか考えたのですが、丁度以前ヤフオクで落札した
ままになっていた「仮想アース」の小瓶(=オカルト価格でなく比較的安かったので
人柱的な感じ)をつないでついでにテストしてみることにしました。

イメージ 2

それと、やはり33Vで動かしてみたかったので、
DCDC昇圧小型基板をNFJから取り寄せました(+580円)
この+ラインの前段にノイズフィルタを入れます。
プラスチックのタカチケース(+180円)にぎちぎち収まりました。
電解は念の為、絶縁テープで巻いています。(コイルから離したかったけど…)
さらに出力の為DCジャックオス付ケーブル(+350円)を購入し
短くカットしてつけました

イメージ 3


さて結果やいかに!!??


別な話題で、、、

最近購入したBM-800激安マイクについてきたUSBDACですが、
USBクラスコンプライアント
っぽいなあと思っていたので、
ダメ元で マイクロB=>USBメスという特殊な変換ケーブル 

イメージ 1

千石さんで購入し、アンドロイドスマホ につないでみました!
おおッ!

イメージ 4

アームストロングも笑ってます。僕もにんまりしてしまった!
( Amazon Prime会員専用のミュージックサービスの画面です↑)

ちゃんと認識されごく普通に使えました!!音もスマホ本体より良い?
なんてことだ! 3000円でマイクを買ったら、
便利なDACまでついてきちゃったよ!!脅威のコスパ。
(必ずついてくる保証は一切ありませんのでご注意下さい)

これほど嬉しくなった中国製品は初めてじゃないかな….(汗
(DAC基板の耐久性は不明だけど、、、、、)