自作34号機 SANSUI TWIN

自作34号機です。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

SANSUI のウーファー(W-319VB)とツイター(T-232VBA)を使用したスピーカーです。
文字通り、 山水(SANSUI)の自作スピーカーと言ってよいかと思います。

容量9Lぐらいで低音が結構でる感じです。
特にROCKやウッドベースがメインなJAZZなどによさそうです。

高さ27.5cm 幅23cm 奥行き25cm(端子部含) @1台という大きさです。

こちらに実費程度で出品中>>http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w119803784

いつもの和室6畳いい加減測定。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

Korg Prophecy MOSS モノフォニックシンセ

20数年?前(90年代)のシンセサイザー(楽器)。

物理音源シュミレーションをヤマハから?でただのバーチャルアナログではないMOSS音源です。
絶版の解説ムック本(CD付き)とギグスキンのケース、
オーディオケーブル、MIDIケーブル付きで出品中です。
愛着があったのですが、諸事情で泣く泣く。
これでないと出せない音のようなものがあるのが不思議。
鍵盤は写真より経年変化で少し変色(あせた)している感じがします。
イメージ 1

海外のプリセットになっています。日本のプリセットは微妙なものが多くて
特に当時流行っていたリバーブ成分が多めなもので、これが本来のプロフェシーの評価を
間違わせているのかもしれません。(海外のシンセサイトでは軒並み5つ星)
音色にかかっているリバーブを切ってしまうとエッジが効きつつ、アンプにのせると太
腰がある音が出ます。また音がシャープなのが特徴です。(ファットでなくシャープでゴリゴリ)
ベース音やレゾナンス音の評価がいいのですが、さらに物理音源の弦楽器系やトランペットがまた
微妙にいい感じ。本物ではないけど特徴があってこれっていう音です。
イメージ 2
イメージ 3

別途出品していたメモリーカード。(完売)
イメージ 4