自作スピーカー/70FB02BCデザインノート

※最新の日記については画面上の[リストボタン]を押して下さい。
ここは私的なブログです。多種の記事があります。

自作6号機になります。

イメージ 1

ベッドサイドスピーカー、PCスピーカーとして設計しました。
いつものようにパッシブ型でアンプは別途必要です(TA2020系チャイナアンプ等)。
70FB02BC
10WぐらいMAXです。

作る自作スピーカーは大体実際の使用は1W~5W程度で作っています。
大音量は想定していません。でも用途としては十分な音量が出ます。
ユニットは地元ショップで1個450円(税込)で買いました。
150Hz~20KHz  8Ω 90db/W(@0.5m)です。

イメージ 2

足もつけてなんだか可愛らしいルック?!です;

感想は値段で想像したより中~高音が奇麗なユニットです。
ハイ上がりと書かれている所もありますが、これネットワーク組んだら
ツイター的な使い方もできるかも。と思わせるぐらい金属系の音が良かったです。
ビブラホーンとか。チャイムとか。またコスパいいです

ただ中~低音が出にくいので、箱側で少し補えないかと思って
中身はいつものようにちょっとこだわっています。

イメージ 3

5号機で試してみたファンネルダクトをサイドにつけて角材と吸音材で音を
聴きながら調整しています。 1L程度の容量です。
元々のバスレフ設計では単純にポート長を長く、そして径を小さくすれば
計算結果上「40~50Hz」ぐらいの低音がでる事になります。
しかしながら現実にはそんな低音は出ません
そこが卓上の計算と実際の違いで自作の面白い所です。

この写真を見ると適当に配置しているように見えますが、
相当試行錯誤した結果です。ほんのちょっとファンネルの位置をずらしたり、
角材の位置をずらすと違う音に鳴るのを確認して愕然としました。
奥が深いです。。

聴いた感覚上、ウッドベースがぎりぎりベースとなっているぐらいを
小型スピーカーの場合、いつも目指しています。中々難しいです。

という訳で今回のものですが、、うーん なんとか!ベースは。
って感じ; ドンドコ質量と共に鳴るというのは期待しないで下さい。
ユニットが5.5cmで箱がコレという事を考えれば、いつものように
甘い自己採点で; 「十分 箱の効果がでてるね!!」 といった案配です。

プッシュタイプのスピーカーターミナル付き。

8cmダブルバスレフ/HivC3N自作とその他自作の紹介

自作2号機です。 最初の出品自作品で既にお譲りしています。

イメージ 1

チャイナHiviというメーカーの8cmユニット(ペーパーコーン)を使っています。
元々の設計は、MarkAudio CHR-70v3 と同OEMのRareTechnology MN72/01向け
に設計したもので、ダブルバスレフ容量5L。
箱が59Hz(fd1:3.76L)~365Hz(fd2:1.25L) という
感じにしました。元々塗装工作はあまり上手ではありません。

また1号機~4号機までのラインナップです。
1号:10cmバスレフ。低音寄りですが、ユニットが元々ツイター要らないぐらい
高音が奇麗なので、箱で低音をつくってあげました。結構気に入っています。
イメージ 2
2号:この日記のスピーカーです。

3号:ツイータです。バックロードホーンと一緒に使うことでバックロードが低音~中音なのに高音を足してちょうどいい感じになります。
バックロード一発だと高音域が物足りません

4号:リボンツイターです。12db/octのクロスオーバーネットワークを
組んでいます。オーディオグレードのコイルとコンデンサは高いですね。。

5号:自作実証実験機(ミニミニスケールのファンネルダクトバスレフもどき)

6号:製作中

MN72/01を自作一号機(一番下の)に
使ってしまったので、
2号機の予定を急遽変更し、HiviC3N-3にしました。
紙コーンは安っぽいイメージがあるのですが、スピーカーコーンの材質としては
一番歴史やノウハウや重さがあり、とても無難かつ高音質な選択だそうです。
欠点は紙くさい音とどこかい書いてありました。
しかしほぼ紙コーンの製品を聴いて育ってきた(はず)なので慣れ親しんだいい音なのではないかと思っています。
(今メタルコーンやPPコーンも聴いて違いがわかります)

最低共振周波数Fo130Hz、
Qts 0.955
再生周波数帯域 130Hz~18,000Hz ということで
中高音系のスピーカーかな?という感じですごいスペック等ではありません。
しかし、この音は好きです。

人それぞれで、
バックロードホーン=低音が得意で音もいい
バスレフ=普通

のような一般的?な見方があるようですが、必ずしもそうとは言えない気がします

手元にあるバックロードは指定のスピーカー以外を入れても
まったくと言っていいほど低音の気持ち良さが無く

逆にバスレフブックシェルフの方が低音と高音のバランスが良かったりします。

汎用スピーカーボックスが売られている時もあるのですが、
スピーカーユニットは規格がそれぞれ違うので、
そのユニットに適合した(設計された)ボックスを使うのが音が一番だと思います。

前書き大変長かったですが、このスピーカー2号機はやはり低音が得意です。
HiviC3Nではその低音はかなり控えめですが、TangBand W3-881SI を入れると豹変します。
バックロードは板の数と工作が大変ですが、ダブルバスレフなら同じぐらい?低音が出せて
工作も簡単です。ダブルバスレフをちゃんと作るのがおすすめです。