アンティーク風スマートスピーカーを作る

みなさん、こんばんは。暑すぎます。
一日でバテました。しかし楽しい一人で工作の時間!こんな日々が欲しかった
溜まりまくった工作ネタの消化に1日もあてられる幸せ。。。
日記を書く時間も惜しい。
さて、自作工作(なんでも)って「ないものねだり」が原動力ですよね?
こんな商品ないの?or 値段が高すぎて手が出せない…etc
僕にもいろいろあります。今回のもそれ。
昔のラジオの優雅な感じを活かした現代のガジェットをつくりたい!
実行しました製作期間は1日
イメージ 1
ステキです!
前に譲ってもらった昔のラジオの外側だけをつかったスマートスピーカー。
????
こうなっています。
イメージ 2

中国産デジタルアンプとセンターコーンがつぶれた

Fostexの8cmフルレンジ2個を利用。
ポートは空気抜きの意味合いでつけています(音がすっきりする)
無しだと低音が膨らんでいい感じで古の音になります。
というわけでアンティ-クアクティブスピーカーの完成です。
あとは鳴らしたいソースをつなぐだけ。ラズパイオーディオ入れようかとか
いろいろ考えたのですが、ネットラジオ、定額音楽配信の

機能が欲しいよな~(妄想)と思い、もっとも簡単で安価な方法をとりました。
イメージ 3
Amazon Echo Dot を専用マウントで取り付ける
これで世界にひとつしかないスマートスピーカーの完成。
Echo dotは限定セールで購入したものなので同様を作るより遥かに安価です。
イメージ 4
足はつけました。こうすることで音がすっきりするのと、
本体下に音楽プレイヤーを隠すことができます。Echo以外に
iPodやWalkmanなど下に隠してつなぎかえれば、とてもおしゃれです。

ケーブルがぐちゃっとなるのが格好悪いとおもったので、こんな感じにしました。
イメージ 5
ポータブルの安価なワイドFM対応ラジオをつないで下に隠しておけば、
現代版ラジオとしても使えます。
イメージ 6
この方法だと、万が一どこかが壊れても取替えが容易。
ただのアンプ内蔵スピーカーなので、音源の選択も自由です。
自作スピーカーを作るより遥かに簡単な工作ですが、
我ながら「グッドジョブ賞」をあげたい。
とても気に入り楽しい感じ一日でした。明日はまた違う工作!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。